病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
患者紹介 外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
健康診断をご希望の方へ
アクセス
学術活動
調達情報
契約情報
情報公開
診療実績・病院指標
バリアフリー情報
個人情報保護方針
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

平成27年度 熊本総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 55 97 175 282 611 1341 1688 1753 438

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの10歳刻みの退院患者数です。当院の入院患者さんは、60歳違法の割合が81%となっている。本も多いのは80-89歳で27.2%と高齢者の占める割合が大きい。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


内科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名なし 164 26 17.7 1.2 77
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 124 20 14.3 11.3 78
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 102 17 10.9 6.9 79

当院での内科領域(消化器・血液・腎臓・呼吸器)の疾患では、非ホジキンリンパ腫、肺炎・急性気管支炎、急性胆嚢炎・胆管炎が多い。毛的疾患については県南の中核病院として、血液疾患の診断から治療までを一手に引き受けている。呼吸器疾患では市中肺炎はもとより、急性気管支炎や高齢者に多い誤嚥性肺炎にも対応している。消化器疾患では急性胆嚢炎・急性胆管炎が最も多く、診断のみならず、緊急ERCPや胆嚢ドレナージに迅速に対応している。




循環器科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 97 27 18.3 9.3 84
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 15 13 4.9 0.0 75
050080xx9900xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 13.7 - -

循環器内科で最も重要な疾患は、急性心筋梗塞や狭心症に代表される虚血性心疾患です。心臓を栄養する血管が狭窄し、心筋に必要な酸素や栄養が送れなくなる疾患です。労作時の胸部圧迫感が特徴的な症状です。ポンプ機能が低下したり、突然死に至ることがあります。当科では冠動脈CTや心臓カテーテル検査で狭窄の程度を検査したり、血管内からバルーン拡張やステント治療を行います。バイパス手術に比べ開胸の必要がなく、体の負担が少なく入院期間が短い事が特徴です。

 また、心不全入院が増えています。主な原因は心筋梗塞や心筋症、弁膜症、高血圧や不整脈という疾患があります。さらに高齢者では呼吸器疾患や慢性腎臓病、体力や認知機能低下などの要因により、難治性となる場合もあります。弁膜症に関しては、心臓血管外科と協力し手術時期を含め心臓リハビリや薬物療法を提案します。





外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 47 8 7.0 0.0 62
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 40 27 17.4 7.5 69
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 38 8 6.7 0.0 64

当院外科では消化器外科を中心に、乳腺内分泌外科、呼吸器外科など一般外科として幅広く対応できる体制をとっています。特に消化器疾患に関しては、胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆嚢・胆管癌、膵臓癌などの様々な悪性疾患はもとより、胆石症、ヘルニア、肛門疾患、下肢静脈瘤などの良性疾患に対する手術を行っております。なかでも消化器癌の手術に関しては特に積極的に取り組んでおり、地域のがんの拠点病院として役割を果たせるよう、様々な手術を行っています。“八代地域住民の外科疾患は、総合病院で治す!”をモットーに、高いレベルの医療を患者さまに提供できるよう日々精進しております。何かありましたらいつでもお気軽にご相談下さい。




整形外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 148 37 28.7 70.3 83
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 58 22 21.5 74.1 78
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 57 13 5.7 12.3 68

DPCコードで集計した件数の上位3位を掲載しております。




脳神経外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 10 11.9 0.0 81
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 23 19.3 63.2 71
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 21 16.2 7.7 67

脳神経外科では頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍、機能性脳疾患などを診療しています。

入院症例で最も多い疾患は慢性硬膜下血腫です。頭部打撲の1〜2ヶ月後に液状血腫が形成されて脳を圧迫するようになり、歩行障害や片麻痺などをきたす疾患です。ほとんどの方に穿孔洗浄術が行われ、10日前後で自宅に退院されます。

次に多いのは高血圧性脳出血(保存的治療)です。片麻痺や意識障害を急に発症する疾患で、血腫量が多かったり脳幹などの重要な部位に出血すると死に至ることもあります。血腫除去が必要な場合には開頭手術、内視鏡手術、定位脳手術のいずれかを適切に選択します。血腫除去が不要の場合は血圧コントロールと早期リハビリテーションによる保存的治療を行います。約6割の方がリハビリ継続のために3週間程度で回復期リハビリ病院等へ転院されます。

3番目の未破裂脳動脈瘤は、脳ドックや頭部精査で偶然に発見されることが近年多くなった疾患です。脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血を予防する目的でクリッピング術を行います。患者さんの状況にもよりますが、ほとんどの方が2〜3週間で自宅に退院されます。




眼科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 53 2 3.5 0.0 76
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 24 2 3.2 0.0 76
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 24 2 5.2 0.0 72

最も多い疾患は「眼瞼下垂」の患者様です。次いで「結膜の障害」、「涙器の疾患」となっています。

白内障の患者様への「「水晶体再建術」を局所麻酔で実施する治療が多く黒目(角膜)と白目(強膜)の間に2~3mmの切開を入れて手術を行います。水晶体は袋にくるまれており、 その袋(前嚢)に丸く窓を開けて行います。水晶体の中身(水晶体核)を超音波で砕きながら傷つけないようにして吸引していきます。そして残した袋の中に水晶体の代わりとなるレンズ(眼内レンズ)をいれます。次いで眼瞼下垂症に対して局所麻酔で行う「眼瞼下垂症手術」、翼状片に対して行われる「翼状片手術」となります。




耳鼻咽喉科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 54 9 5.3 1.9 69
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 32 12 8.2 0.0 30
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 14 11 7.8 0.0 53

非手術の入院治療として、前庭機能障害、突発性難聴、顔面神経麻痺、頭頸部領域の急性感染症症例等の治療、特殊なところでは、「睡眠時無呼吸症候群」、「めまい」、「ふらつき」、「耳鳴」、「自律神経失調症」、「不定愁訴」、「微細脳梗塞に伴う不眠」等の治療、また、嚥下に対する評価治療も行っています。




放射線科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 44 15 12.0 2.3 72
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 1 3.3 0.0 74
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 14.1 - -

肝の悪性腫瘍に対する経カテーテル治療を最も多く行っています。緊急症例についても適宜、対応しております。肺を初めとした各種臓器に対する、画像誘導下の生検も施行しています。非代償性肝硬変による腹水や肝性脳症などの治療も適宜行っています。




皮膚科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.0 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 12.0 - -
080011xx970x0x 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 17.8 - -

入院は水疱・帯状疱疹、蜂巣炎などの感染症が多くなります。深部に膿腫があり切開を要したものや、壊死性筋膜炎など重症のものでは入院期間が長くなります。なお、皮膚科で入院受け入れ開始は9月からですので、7カ月分での実績となります。




泌尿器科




DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 69 7 5.9 4.3 66
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 53 10 7.6 1.9 7.2
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 48 12 14.0 0.0 70

八代市地域で初の体外衝撃波結石砕石装置(ESWL)を導入したことにより近年は、尿路結石症例が増加しています。上部尿路結石は、全身状態の良い症例に対しては、外来でESWL単独による治療を行なっていますが、大きいサイズの結石や腎盂腎炎などの感染症を併発されている症例や全身状態の良くない症例に対しては、入院の上経尿道的にレーザーを用いて砕石しています。一度の手術で残った結石は、外来でESWL による追加治療を行うことで入院期間の短縮に努めています。

経尿道的手術においては概ね3日以内に尿道カテーテルを抜去していますが、術後の再出血がないことを確認してからの退院になります。

前立腺の悪性腫瘍手術は、術後の尿禁制が保たれていることを確認してからの退院になります。




初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 19 - - - 62 44 1 第6版,第7版
大腸癌 - 17 18 26 73 13 2 第6版,第7版
乳癌 - - - - 17 11 1 第6版,第7版
肺癌 - - - 14 42 - 1 第6版,第7版
肝癌 - - - - 27 47 2 第6版,第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大がん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の入院患者さんの病期(stage)・再発の症例数を集計したものです。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード







患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 10 16.2 62
重症度 1 18 16.1 78
重症度 2 22 27 85
重症度 3 22 27 85
重症度 4 7 21.4 86
重症度 5 - - -
不明 - - -

患者数が多いのは重症度1~2の患者さんで、ほとんどは高齢者とみられます。高齢になるほど重症度が高くなっています。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード







ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 12 5.8 67.6 8.3
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 138 20.3 74.5 43.5
その他 48 15.2 73.3 29.2
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 25 9.9 71.2 12.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

発症から3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の62%を占めています。半数以上が自宅・施設に帰られ、43%の患者さんが転院されています。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


内科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 271 0 2 0.7 64
K610-3 内シャント設置術 118 14 26 25.4 71
K654 内視鏡的消化管止血術 106 5 17 17.0 72

当院での内科領域(消化器・血液・腎臓・呼吸器)での手術件数では内視鏡的結腸ポリープ切除・粘膜切除術が最も多い。近年、増加傾向にある大腸癌の増加を抑制するために、積極的に治療を行っている。次は内シャント設置術で、当院腎センターで行われる。緊急透析を含め、迅速に対応している。3番目は、消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術である。食道静脈瘤破裂、胃・十二指腸潰瘍出血、結腸憩室出血などにも内視鏡的止血術で迅速に対応し、止血を行っている。




循環器科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 111 24 24 10.8 79
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 66 2.4 17 31.8 71
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 21 22 56.3 81

2)診療群分類別患者数等 のコメントをご参照ください。





外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 88 3 6 1.1 64
K6335 鼠径ヘルニア手術 61 1 6 1.6 69
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 39 8 21 15.4 40

2)診療群分類別患者数等 のコメントをご参照ください。





整形外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 114 4 37 65.8 83
K0462 骨折観血的手術(前腕) 53 2 17 28.3 74
K0811 人工骨頭挿入術(股) 43 4 37 79.1 81

Kコードで集計した手術件数の上位3位を掲載しております。




脳神経外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 1 11 0 81
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 21 1 27 38.1 69
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 10 2 10 0 72

最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。局所麻酔下で穿頭し、血腫腔に一晩チューブを留置して血腫を排除します。術後早期に症状は改善し、10日前後で自宅に退院されます。

次の脳動脈瘤頸部クリッピングは、くも膜下出血を起こした破裂動脈瘤の再出血防止あるいは未破裂動脈瘤の破裂防止のために行う手術です。全身麻酔下で開頭し、顕微鏡下で動脈瘤の根っこ(頸部)にチタン製のクリップをかけます。MEPやSEPといった電気生理モニターや、ICG蛍光血管造影を術中に行って安全・確実な手術を心がけています。未破裂動脈瘤の方は短期間で自宅退院となりますが、くも膜下出血(破裂動脈瘤)の患者さんは術後にリハビリテーションが必要な場合が多く、4割弱の方が回復期リハビリ病院へ転院となります。

3番目の動脈血栓内膜摘出術はアテローム血栓性脳梗塞を予防するために行います。全身麻酔下で頚部の総頚動脈および内頚動脈を露出・切開し、血管内のプラークや血栓を摘出します。術中の電気生理モニターを全例に行って安全な手術を心がけています。2週間弱で全ての方が自宅に退院されます。




婦人科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 26 1 16 0 51
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 24 0 1 0 44
K8651 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮位置矯正術) 18 1 11 0 69

Kコードで集計した手術件数の上位3位を掲載しております。




眼科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 346 1 3 1.4 75
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 46 0 2 2.2 75
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 15 0 2 0 74

2)診療群分類別患者数等 のコメントを参照ください。




耳鼻咽喉科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 32 1 10 0 31
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 1 11 0 57
K407-2 軟口蓋形成手術 - - - - -

手術症例は、平均1-2例。軟口蓋形成術、口蓋扁桃摘出手術、喉頭微細手術、鼻中隔矯正手術、鼻内視鏡手術、良性唾液腺手術、甲状腺腫瘍手術等を行っており、「睡眠時無呼吸症候群」の手術は、術後、鼻咽喉閉鎖不全になりやすいので、鼻咽喉閉鎖不全をおこさないよう、数年前から考案した「口蓋垂温存軟口蓋形成術」を行っています。なお、当院は、腎センター併設しており、病巣感染であるIgA腎症、紫斑性腎炎に対しての口蓋扁桃摘出術を年間10例以上おこなっています。




放射線科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 39 1 9 0 73
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -

肝悪性腫瘍を初め、動脈性出血、腹部内臓動脈瘤などの動脈塞栓術を主に行っています。また、肝硬変に伴う肝性脳症に対するシャント閉鎖、静脈瘤に対する硬化療法などの経静脈的治療も併せて行っています。進行した肝硬変症に伴う腹水に対して、腎臓内科と連携の上、胸腹水の穿刺排液と濾過濃縮による血漿蛋白の再静注を行い、治療しております。




皮膚科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
- - - - - - -

外来手術(日帰り手術)ではリスクの高いあるいは麻酔科による管理が必要な手術が入院による手術となります。具体的には腫瘍のサイズが大きい腫瘍、出血リスクの高い部位・性質の腫瘍、あるいは抗凝固剤内服などで出血リスクの高い患者様の手術が入院による手術の適応になります。なお、皮膚科で入院受け入れ開始は9月からですので、7カ月分での実績となります。




泌尿器科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 58 1 8 0 71
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 55 1 6 5.5 65
K843 前立腺悪性腫瘍手術 28 2 20 0 71

膀胱癌の経尿道的手術

尿道から内視鏡を挿入し腫瘍を電気メスで切除し最後に再発予防として抗がん剤を注入して終了します。切除された組織の病理診断の結果で今後の治療方針を決定します。

経尿道的尿路結石除去術

膀胱、尿管及び腎盂内に生じた結石に対して、硬性及び軟性の尿管鏡を用い、レーザーで結石を破砕し摘出します。一度で終わらない大きな結石の場合にはESWL(体外衝撃波結石砕石装置)を用いて追加治療を行うこともあります。

前立腺悪性腫瘍手術

当院では開腹して前立腺を摘出していますので、全例に術前2回の自己血貯血を行なっております。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 67 1.04
180010 敗血症 同一 - -
異なる 24 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 57 0.88
180040 手術・処置等の合併症 同一 78 1.21
異なる 40 0.62

敗血症、播種性血管内凝固、真菌感染症、手術・術後の合併症について入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して症例数と請求率(発生率)を示したものです。

更新履歴



2016/9/23
新規作成
2016/11/24
訂正
PageTop