病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
患者紹介 外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
健康診断をご希望の方へ
アクセス
学術活動
調達情報
契約情報
情報公開
診療実績・病院指標
バリアフリー情報
個人情報保護方針

JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラムの運用を開始します~平成29年度 研修対象者の募集を開始~

医療の現場では専門医志向が強くなる一方、地域医療の場では、幅の広い診療能力を有する病院総合医(Hospitalist)が求められるようになってきました。独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)は、地域医療、地域包括ケアの要として地域住民の多様なニーズに応え、地域住民の生活を支えることが使命であることから、他の団体に先駆け、平成29年度から地域医療に貢献する医師を育成するため「JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム」を開始します。
この育成プログラムは、JCHO全57病院のネットワークを活用し、医師個人のニーズに合ったカリキュラムを提供するJCHO独自のプログラムです。
JCHOは、本プログラムの運用による病院総合医の育成を通じ、引き続き地域医療に貢献していきます。


    1. 育成する医師像
      地域医療の実践病院における病院総合医、医師不足地域で貢献する医師、又は総合診療が可能な開業医などとして地域医療を実践する能力をもった医師を育成します。
    2.  

        1. プログラムの対象者
          育成プログラムの対象となるのは、後期研修を修了した卒後6年目以降の医師です。従って、内科や総合診療科以外の科の専門医を取得している医師、開業して地域医療に従事することを目指す医師の方々なども対象となります。
       

        1. プログラムの研修内容及び研修場所
          育成プログラムでは、基本領域として、総合診療の実践に必要な知識(臨床推論、臨床疫学、保健医療マネジメント等)、内科を中心とした救急医療、循環・呼吸器管理(集中治療)、一般的な感染症管理、在宅医療、5疾病をはじめとした複合疾患などを学び、その他の選択肢として、研修対象者のニーズに応じて小児科、産科、透析、精神疾患、過疎地域での研修など専門的な研修を受けることができる体制をJCHO全57病院のネットワークを活用して構築します。
          JCHOには、急性期医療を提供する病院だけでなく、地域包括ケアの要となっている病院、老健施設・訪問看護ステーション等を併設する病院など多様な病院がありますので、2年間(3年間まで延長可)の中で研修病院・研修期間を組み合わせて個人のニーズに合ったカリキュラムを作成することが可能です。
          また、プログラム修了時には認定証が発行され、その後も個人のニーズに合った魅力的なキャリアパスが用意されております。
       


        <本件に関するお問い合わせ先>
        独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)
        企画経営部 医療課 (吉住、渡邉)
        電話番号:03-3445-0862 (直通)
        メールアドレス:iryoka@jcho.go.jp
        住所:〒108-8583 東京都港区高輪3-22-12
         


        >>病院総合医育成プログラム研修施設一覧ダウンロード
        >>各研修病院の特徴ダウンロード
        >>募集要項ダウンロード
        >>応募用紙ダウンロード







        DSC03222 DSC02501
        DSC02041
        DSC02060
        ※画像をクリックすると拡大されます

        ※資料ダウンロードはこちらから




PageTop